そうです☆わたしがへんなおばさんです♡日記

自己表現って難しい。自分の正解が人と同じとは限らない。本音は心の声で留めて人間関係を優先。でもそろそろどこかに吐き出したい。そのための日記です♡

人は財産

前に、老害が日本の大きな問題と書きましたが

問題は他にも沢山あります。当たり前だけど。

半世紀を生きて、何となく感じていることは

 

MOTTAINAI=もったいない

 

ノーベル平和賞を受賞したケニア人女性ワンガリー・マータイさん

日本語の「もったいない」を環境問題のキーワードとして使い

もてはやされました。

食糧や物のムダや廃棄について考えさせられるキャンペーンでしたが

わたしが感じる「もったいない」はモノに対してだけではなく

人に対しても、です。

 

人には個性があって能力にも向き不向きがあって

適応できる場所が限られてる人でも

絶対に能力を生かせる場がある とわたしは思うのです。

障がい者も例外ではなく

日本のチョークのトップシェアを誇る日本理化学工業がいい例で

障がい者従業員の、単純作業を延々と続けられるという能力が

その作業だけ卓越する人材になりうるわけです。

 

引きこもっている人も

それぞれに事情があると思います。

彼らのことを、メンタルが弱いとか怠け者と

一言で片づけて見下すのは簡単。

でも、彼らも好きで引きこもっているんじゃなく

働けるのなら働きたいと思ってるはず。

コツコツと細かい作業をするのが得意だったり

好きなことには何時間も集中できる人だったり

中にはサヴァン症候群のような人もいるかもしれない。

その能力を活かせないって勿体ないじゃないですか。

 

既存の職業訓練もいいのですが

まず各々の適性を測りどの訓練を受けるかを誘導して

個人に合った仕事に就かせる機関があればいいのに、と思います。

 

大学もね・・・大方の親が思ってることですが

大学の学びって学費に見合っていませんよ。

あんな机上の専門用語ばかりを覚えさせて

社会で活かせるのはいかほどか。

大学は教職員のためのもので学生のものではない。

娘の机に山と積まれた教科書やテキストを見てそう思い至ったわたしです。

そんな本の山もメルカリで売りさばいてスッキリ(一時だけ)

今の学習机は化粧台と化しております。

 

わたしのかってな理想なのですが

義務教育までは今のままでいいですが

高校からは文系か理系を完全に分けてほしい。

なぜなら文系の頭に高校の数学はキツい(-_-;)

あれは苦行です。

 

f:id:asere:20201128123624p:plain

 

わからんもんはわからんっちゅーねん!

何度、教室で立ち上がって叫びたかったことか。

数学も物理もムリな子に何時間も授業を受けさせたりせず

その時間、得意科目をとことんやらせてあげましょう。

 

義務教育以降は全員が得意分野に何となく進める様な下地を作って

大学はもっと専門色を強めて、受験科目も多様性をもって。

社会に出るときは、得意分野を自覚して

適性にそくした就活ができるようにしてあげれば

離職率も減ると思うんですよねぇ。

営業に全く適してないのに営業職に就いたりってほんと可哀そうだし。

健常者でも、できないもんはできない ってあるから。

 

昔、シンガポールに行ったとき

現地係員のチェンさんだったかパンさんだったかが

バスの中で言ってました。

 

シンガポールは資源ない。たから、人が資源。人が財産、でしょ?」

フン、フンって聞いてたけど

今となっては納得。シンガポールの経済成長すごいから。

人が財産ってその辺の一般人が言い切れる国家だから発展したんですよ。

日本とはえらい違いです。

 

自分で道を開拓できる子はいいけど

ある程度のレールを引いてあげる必要がある子もいると思うのです。

 

 

 

 

 

わたしの父

連休は天気が良かったので、釣りをしに海に行きました。

といっても釣りをするのは男連中で、わたしら女子(?)は海沿いのカフェ巡り。

それにしても 2時間も3時間も海の一点を見つめて、よくじっとできるね。

女子(?)にはそんな所業は無理無理。

すぐにお菓子食べたくなるし

その辺ウロチョロしたくなるしおしゃべりする。

そしてうるさいと叱られる(-_-;)

 

なんて女子ぶってる?わたしですが、

実はかなりのオッサン婦女子です。

50を過ぎて思うのは

 

父親に似てきたなぁ・・・

 

わたしの父は変わり者で

(娘のお下がりを改良して腹巻にしていた人「親子の歴史は繰り返す?」参照😊)

asere.hatenablog.com

TV前1mほどの近距離にいつも陣取って座っていたのですが

横になるときは六法全書を枕にしていました。

 

わたしらが子供の頃は日曜の朝は「時事放談」(注)

子供のチャンネル権はその後でした😢

注:ハゲ散らかしたおじ様たちが小難しい政治経済の話を延々とする昭和の番組

 

「弁護士になれ」とよく言ってた父。

兼高かおる世界の旅」が好きだったわたしは

海外に行く仕事がしたい😊と反論。

「ちっ、しょーもない」と失笑する父(それならアンタがなりなさいよ)

 

兼業農家の傍ら、工場の警備員をしていた父

ハッキリ言ってうだつの上がらない人生でしたよ。

何の足しにもならん六法全書読む時間あるなら動け、的なことを

母に言われたり( ;∀;)(歯に衣着せぬ家族です💦)

正直あまり尊敬していませんでした。

 

結婚前に交した釣書で父の出身校を知ります。

学年で1,2番の成績じゃないと難しい高校(*_*)

父に尋ねると「知らんかったか?」と。

当然同じ高校と思い込んでいたから

そんなのいちいち確認もしないし。

 

株をやってた父は一時期、1000万を〇億に。

早く売れ!頼むから売ってくれ!という家族の声に耳を貸さず

相続時(リーマンショック以降)に見た証券会社の報告書に衝撃。

「本当に売ってなかったんかい(´;ω;`)ウッ…」

 

癌で入院しているときには

散髪してくれる理髪師さんに

政治の話を延々と(-_-;)

今の日本はアカン

政治家の誰それがアカン、みたいな・・・

その数か月後には亡くなりました。

 

 うだつの上がらないオヤジが

娘にたいした遺産も残さず、死ぬ直前まで

子孫の心配より日本の心配してるところが

あの人らしいなぁと・・

 

 

 

母方の伯父が父のことをバカだと言ってたと母から伝え聞いたことがあります。

伯父は外資系企業から独立し会社を大きくした成功者

つまり賢さを人生に活かせた人

父は賢さを人生に活かせなかった人 

 

今の様なネット社会に生まれていたらどっちに転んだだろう・・

妹の旦那が「お義父さんはずっと向学心があった」と。

中古のキーボードが欲しいと言われたのであげたらしい。

陰で練習でもしていたのかな

 

そんな父に似てきた自覚があるわたしです。

 

 今日も明日も明後日も

娘とお国の将来を憂いて

わたしもそうやって死んでいくのかなぁ・・・

f:id:asere:20201123123402j:plain

娘と海

 

 

老害が日本を潰す

今の日本の最たる問題って

このタイトルだと思ってます。

 

職場を見ても

国全体を見ても

毎日のように感じるイライラともどかしさ

 

職場においては

月に何度も開いている危機管理委員会

されど決定事項が何もない(だよね、危機感ゼロ者の集いだから)

第3波が押し寄せてる今、イベント催行の是非を問う時期でもあるのですが

「動く」「決める」

ということに極めて慎重な年長者たち。動かざるごと山のごとし

 

日頃じっとしててもいいです。

どのみち業務に関われるほど分かってないし

何ならお昼寝でもしててください。

ただ、ここぞという決断・判断を求められる時くらい

動いてください。

それまでも下々に振られるのは困る。

引き延ばすだけ引き延ばして

デッドラインになると

「そっちで決めて」って・・・

あなた、二つの大きな過ちを犯してますよ。

1.これまでの時間を無駄にしたこと。

2.責任を放棄していること。

 

お国も似たようなもので

学会やら政治家やらわけわからん組織に機動力がなさすぎる。

医療崩壊がまた騒がれてますが

第一波時の危機から半年たってます。

患者の収容施設はどのくらい増やせたのでしょうか。

医療従事者のボーナスがないとか少ないとか聞きますが

せめてコロナ患者受け入れ指定病院には国が手当を出すべきでは?

 

災害でも何でもそう、最悪の事態を想定しての準備が大事なのに

その準備をしているのか?してないよねー。

挙句の果てにGOTOトラベルのせいじゃと、制限せえと・・・

 

何を今更(-_-;)

リスクが高くなるのは承知の上の政策なのでしょ?

感染対策をやったうえでのGOTOではなかったの?

 

何度かGOTOトラベルを利用しましたが

宿の対策は割としっかりしてて

食事の直前までマスクをして静かに会食。

お風呂はグループごとに時間を分けて。

要所要所に消毒液。

ここまでやって感染するなら

そこらじゅうで感染してると思います。

 

「ウチには来ないでいただきたい!」

そういう宿泊施設が個々に拒めばいいのであって

どんどん来てほしいところには客を流してあげないと・・

 

 

生活に余裕のあるお上がのらりくらりしているしわ寄せが、

毎日が火の車で必死に生き延びている下々に来ているって構図、

いつまで続けるのでしょうか・・。

 

お上よ動け、

決断して素早く下々を動かせ

正しい指示が下れば下々は喜んで動きますから

 

職場でも

家でニュースを見ても

いつも心がそう叫ぶ

今日この頃です。

 

f:id:asere:20201121122757j:plain

今年もコンテナシクラメンを買いました。癒されます。

 

 

 

 

 

蟹とインフルとプレミアム付き商品券

この日曜日、母の予防接種のため妹と帰省。

せっかくなのでその日は日本海に泊まって蟹を食べようということになった。

 

夕食の蟹鍋を満喫し温泉にゆっくりつかったまではよかったが

部屋に戻って、母がおもむろに鞄から取り出したプレミアム付き商品券で

状況は一変する。

f:id:asere:20201117115824j:plain

 

 

人に勧められて買ったはいいが使い方がよく分からないらしい。

20枚、2万円分がまんま未使用で残っている。

期限は11月30日(;'∀')

これはわたしたちがいる今の内に消費しないと余らせる可能性大💦

明日は11:00までに病院で受付できればよかったので

朝は土産物市場にでも行って地域共通クーポン券で蟹でも買おうと

ニヤニヤしていたわたしたちに

母のプレミアム付き商品券の消費という新たな任務が加わった('◇')ゞ

 

しかも実家界隈のさびれた商店街では大したものは買えず

今入る日本海界隈での消費が望ましいということが

登録取扱店一覧を見ていて分かった。

母の生活に必要なものをピックアップして明日に備える。

 

朝食が8:00。チェックアウトは9時までに。

食後の海辺の散歩はカットだカット!

宿から病院へは車でとばして1時間。

残りの1時間で市場で蟹とショッピングセンターでプレミアムを消費しなければっ。

そうそう、行きしなに見つけた地酒のテーマパーク

できればあそこも寄りたいっ。

 

まずショッピングセンターで妹と二手に分かれ、

わたしはスーパーで米15㎏と日用品を

妹と母は衣料店で衣類を爆買い(母の下着、防寒着)

 

次は市場へゴー

 

プレミアムも大事だが地域共通クーポンは今日中に使わなければ

優先順位は地域共通の方が上なのだ。

わたしたちが血まなこで蟹を物色している間

母はフラフラと土産物屋でいらん買い物を・・

財布から現金を出そうとする母を制止するわたし。

ちょっと待って、支払いは地域共通でお願いします!

 

蟹は梱包に時間をくう。

買い物に使える時間はあと10~15分とみた。

市場をあとにしたわたしたちは一か八かで地酒パークへ。

幸い?品種が少なかったので、10分で買い物を終え、

なんやかんやで病院には5分前に到着(;^_^A

よかった、間に合った(-_-;)

 

結局プレミアムを2000円ほど残し

このくらいなら近所の食料品店で消費できるでしょ

で一件落着。

 

地域共通クーポンはいいとして(本当はもっとゆっくり買い物したかったけど)

老人の扱うプレミアム付き商品券

地域の人に勧められて買ったはいいが、

うまく使えないまま紙くずになってるケース、よそでもありそうです。

 

母は期限を意識していなかったので

私たちが今回帰省していなければ

おそらくそうなってたでしょう。

 

お得なのか何なのか・・

あんなに急いで買い物したら

正直お得感は感じられなく、勿体ない気がしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近況いろいろ

第3波が来てます。

  

ついに職場の食堂にもテーブルにアクリル板が置かれ

向かいの声が聞こえづらくて

耳の遠いおばちゃんには会話が厳しくなりました。

お昼休憩のおしゃべりがままならないなら

もう職場に来る意義はない

家で仕事したい。

と、心の声が叫びます。

 

数週間前に、母のかかりつけの病院から電話があり、

インフルエンザの予防接種に親族の付き添いがいるとかで

帰省できる日に予約を入れたいと。

今までそんな要請はなかったんですが

今年はコロナのこともあって

老人のインフル予防を積極的に勧めているようです。

尚且つ、何かあった時のために親族の付き添いが必須だと。

 

人口密度の低い田舎で

家のまわりくらいしか出歩かない母が

どこでインフルにかかるねん。

うつるとしたら病院でしょうよ。

 

とまた私の中の悪魔が吠えましたが

本人が受けたいと言ってるらしいので

仕方ない(-_-;)付き添うとするか

この程度のことを億劫がってはいけないんですけどね。

体力の衰えとともに機動力が落ちているのを感じます💦

 

それにしても

アメリカやイタリアの感染拡大を見てると

日本も達観できないですよね。

いったい何なんでしょう、このウィルスは

季節関係なく流行するし

流行の波がだんだん大きくなるし

再感染もする。

発生源のかの国は新規感染者は18人(米国の1/10000)だそうです。

ほんまかいな。

 

そんなこんなで最近何かと気が滅入りがちのわたしを見かねてか

先日、娘が晩御飯を作ってくれました。

f:id:asere:20201114214200j:plain

 

アヒージョ💖

 

ちょっと具が大きすぎないかい?と思いましたが

うん、味は上々(^^♪

 

なかなかやるじゃない。

また作ってくださいよ😊

心の声じゃなく

ちゃんと娘に伝えました。

本人もまんざらでもないようです😊

 

家族3人とも働いているのに

わたしだけが家のことを全部やってると腹たつ時があり(;^_^A

主人の帰りが早くなって娘も自分の帰宅時間とそんなに変わらないので

「晩御飯まだー?」とか聞かれるとほんとげんなりしますが

 

たまに「やってもらう」を味わうと

気持ちが楽になりますね。

 

さて今日も 自分というポンコツ車を

頑張って稼働させますか。

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鬼滅の刃、子供に観せていいか論争について

 絵柄が可愛いらしい分、あの残酷シーンは

ギョッとする、確かに。

 

子供に観せていいのか?論争

起こるべくして起こったとも言えますが

 子供に観せたくないなら観せなきゃいいじゃん。

というより観せないほうがいいんじゃない?心配なら

 

ただ、ウチは観せないんだから世間もそうしてください、はお門違い。

お家の判断で好きなようにすればいいと思います。

 

キメハラとかいう言葉も目にしますが

観ないと殺す、とか 観ないと痛い目に会うよ、とでも言われたのでしょうか。

勧められて迷惑だからハラスメントと言われてしまっちゃあ

それこそがハラハラ(ハラスメントハラスメント=すぐにハラスメントに結び付けるハラスメント)じゃないでしょうか。

因みにわたしは「面白い?」と聞かれたら「面白いよ」と答える程度ですが

映画を観た人とは語らいます。

 

鬼滅の刃を子どもに見せるか問題」 小学生が残酷なシーンでギブアップ 一方「この作品を見て人を殺める生き方に憧れる子どもは育たない」の声も

 

 

とあるネットニュースの見出しです。

これを見たわたしは「?」となりました。

「人を殺める生き方に憧れる子供は、育たない」???

句読点を育たないの前にうって解釈したわたし

 しかし内容を読んでみると

 

『友情の男アミーゴマン』の作者・こにししのぶさんは『鬼滅の刃』を「残酷なシーンもあるがやはり子どもに見てほしい」という。 ~ 一部割愛 ~ 「真っ直ぐなセリフは素直な心にはより響くものになると思う」、「この作品を見て人を殺める生き方に憧れる様な子どもは育たないと思う」とTwitterで主張しており、さらに「人の痛みがわかる炭治郎の様な若者が増えてほしい」と願っていた。

 

人を殺める生き方に憧れる(様な)子供は育たない(と思う)

 

あら、意味全然違った・・・(-_-;)

( )部分を削っただけで、こんなに文面って変わるんですね。

わたしの早とちりでもあるんですが

故意にやってない?と発信元を疑いたくもなります。

 

幼児は迷うとこですね・・

小学校になって、人の死が悲しいとか

思い通りに行かなくて悔しいとか、負けたくないとか

感情が複雑になって悩みとか出てくるようになってから観たら

いい方に感化されるメリットはありそうです。

 

f:id:asere:20201110135615j:plain

 

失っても失っても

生きていくしかない

 

このフレーズが響く精神レベルになってれば、観るのをオススメします。

 

 

あ、これがキメハラって言われるんだな・・

 

 

 

 

教育に正解はない

今日のお昼に上沼恵美子のクギズケを観ていたら

教育の話になって、

今の親は子供を叱らず甘やかし信用しすぎ。

うちの子に限って。というのが強すぎる

と恵美子が怒ってた。

 

ウチはどうかな~と胸に手を当ててみる。

ハッキリ言えるのは、子供が成人するまでは

この世で一番信用できないのが我が娘だった。

だから「うちの子に限って」という親心は、わが家に限っては無縁。

 

子供は保身のために嘘をつくもの。

我が子の言葉だけをうのみにすることはできない。

 

我が子が泣いているとする。

母「どうした?何があったの?」

娘「○○君が叩いた」

母「叩かれる前に何があった?○○君はなんで叩いたの?」

わたしは何か事が起こった時、必ずその背景を確認した。

その前に何をしていて、そうなったか、を確認してから当事者に話をする。

当たり前のことだと思うのだけど、

これがない親が結構いる。

○○君が叩いた?なーにぃー???

瞬時に着火(-_-;)

我が子に落度はないというその自信はどこから来るのかなぁ

とよく思ったものです。

 

あれは、娘が小一くらいだったろうか・・

娘の部屋を掃除してたら、机から買ったことのない玩具のパーツが出てきた。

すぐに、それが数日前に行ったショッピングモールで

娘と姪っ子がいじっていた玩具だと気づいた。

お試しで遊べるように置いてあるやつ。大きさは一円玉くらいの小さいもの。

触ってるうちに無意識にポケットに入れてしまったか・・

 

見逃すべきか、叱るべきか

一瞬躊躇したが、数秒で腹は決まった。

すぐに問いただし(娘はだんまり)

即、二人でショッピングポールへ行きお店に事情を話してパーツをお返しした。

店員さんはキョトンとしてたなぁ・・

なくなったことにも気づいてなかったみたい。

まだ小さいので無理に本人に謝らせるのでなく、

親が謝るのを見せた方がいいと思い、そうしたが

お店を出た後、急に涙がこぼれてきて

しばらく娘の顔を見れなかった。

あれは何の涙だったか・・娘に対する涙だったのに違いないけど

こんなことして情けない、だったか

ここまでする必要あったか、可哀そうじゃないのか、という後悔か

今でもよく分かんない。

でも、小一の娘が母親の様子がいつもと違うのを察して

ずっと黙っていた。

 

それ以降はなぜか、うちの子に限って万引きはないな、という

そこだけは変な自信というか、確信がある。

実際その形跡もない。

お金にもきっちりしていて

ちょろまかすとかいうこともしない。

 

私の場合、自分も痛みを伴ってはじめて子供を大丈夫と思える。

それなくして、もうやらないよね。って自信は持てない。

不器用な母でごめんね。

 

 

親子関係は人ぞれぞれ

そんな痛い思いしなくても、子供にしつけはできる

かしこいお母さんはきっとそうなのでしょうね

f:id:asere:20201108130928j:plain

これからは 自分の足で 歩いてね